すでに見えちゃってるから(笑)

オラクルメッセージ

わたしがやりたいと思ったことは、わたしが未来でやっているはずのこと。やりたいと思っているのにできないのは、意識(思考)でごちゃごちゃ考えてしまって、ストレートに行動できていないから。本当は、まっすぐ道がつながっているのに、自分でわざと遠回りをしようとしている。

自分のなかで思いついたことは、実行できるのが当たり前。だって、できないことは思いつくこともないし、やってみようとも思わない。ここで思いついた時点で、本当は、未来の自分の姿を見ていて、そこからアイデアをもらって、今からそれをやってみようという気持ちになっている。

だとしたら、なにも心配することないよね。もう未来は見えちゃってるから。わたしは未来を見ていて、そこからの逆算で、今、これをやろうとしている。これ以上に信頼できることなんか、他にないはず。さぁ、今、なにがしたいか。やりたいことをやってみよう。

『The Shaman’s Dream Oracle』By Alberto Villoldo & Colette baron-reid

陰陽五行による解説

「やってみよう」と思ったことは、すでに「直観」として受け取ったことであるといえます。陰陽五行では「直観」は「火」に象徴されます。ベースとなる方向性は「木」の「思い」が決めますが、それに対してふと湧いてくる「直観」は、「木」を「現実」(「土」)に向かわせるための触媒です。

ですから、やってきた「直観」に従えば、自分の思うような姿になっていくし、それを無視して、先に進むことはできないのです。そして、それは自分にとって、できることだから「直観」として降りてきているはずなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました